“手抜き料理”おすすめ⑥「火を止めて茹でる簡単パスタ」

パスタの茹で方

茹で加減がパスタの命、と言っても過言ではないでしょう。

ちょうど良い固さのパスタは本当に美味しいものです。

茹でたてのパスタにアツアツのソースをからめ、出来立てのおかずと一緒にいただくことが理想的です。

でも私はずっとこの点でジレンマと戦ってきたんです。

★パスタは待っていてくれない

うどんやそうめんとパスタの違いについて考えたことがあるでしょうか?

私の考えでは、うどんやそうめんは茹でた後冷水で洗ってしめるのに対し、パスタは冷製パスタ以外は洗わないというのが大きな違いだと思います。

つまり、うどんやそうめんは洗った後待っていてくれますが、パスタは待っていてくれずに、時間の経過とともにのびてしまう、ということです。

それで家庭でよく使う2口コンロの場合、一方でパスタを茹でるともう一方でパスタソースを作ることになります。

コンロ

でもそうすると、おかずが作れない、もしくは温められないので、せっかくのパスタを横に置いておいておかずの準備をすることになります。

でもそうするとパスタがのびていってしまうのです。

以前3つ口のコンロを使ったこともありました。

でも、口と口の距離が近いので大きな鍋を並べることはできませんでした。

もし距離が遠ければ今度は手が届かないし、手前側の火が熱いし、ってことになるんだろうと思います。

私の夢は、いつか広いキッチンで2口のコンロを2台使うことですが、現状では無理な話なので、2口コンロでいかに美味しくパスタを食べるかを考え、試してみました。

すると意外にも、とっても簡単な方法でこのジレンマを解消することができたんです。

★2口コンロで美味しいパスタを作るには

その方法とは、パスタの入った鍋を火から下す、というものだったのです。

沸騰したお湯にたっぷりの塩を入れパスタを投入します。

箸でかき混ぜながら再沸騰したら火から下します。

保温性の高い鍋ならこれだけでほぼ表示時間通りに茹で上がります。

温度が下がっていくようであれば、途中でもう一度火にかけ沸騰させます。

それでオッケーです。

パスタの茹で方

マカロニでもスパゲッティーでも大丈夫です。

まさに簡単でズボラな手抜き料理ですよね。

この方法で茹でると、パスタの茹で上がりと同時にパスタソースとおかずを完成させることができ、簡単に私の理想に到達できるんです。

パスタソース

おかずを作らないとしても無駄なガス代を節約できます。

火を止めて本当にパスタが茹でられるんだろうか?と疑問に思った方もおられると思いますが、ぜひ試してみてくださいね。

簡単、お得で美味しい手抜きテクなのでおすすめです!

“手抜き料理”おすすめ⑤「失敗知らずの簡単厚焼き玉子」

ケーキ

どこにでもある材料だし、誰もが使う材料だけど、「シンプルな卵料理を見ればその料理人の腕が分かる」なんていわれるほど、卵料理って奥が深くて繊細ですよね。たまご

でもオーブンで焼いてしまったら、誰でも簡単にきれいで美味しい厚焼き玉子が作れちゃいました!

★用意する材料

基本の材料は、

  •  卵(8個)
  •  だし汁(100㏄)
  •  白醤油
  •  砂糖
  •  青ネギ
  •  しらす干し

です。

★「失敗知らずの簡単厚焼き玉子」の作り方

まず卵をボールに割り入れ卵白を切るように溶きほぐします。

あんまり真剣に溶くとフワッとしなくなるので、おおざっぱぐらいがちょうどいいです。

小口切りにした青ネギとほかの材料を全部入れて混ぜ合わせます。

18cm四方ぐらいの耐熱皿にオーブンシートを敷き込み、混ぜ合わせた卵液を流し込みます。

オーブンシート

180度ぐらいのオーブンで30分ほど焼き様子を見ます。

つまようじをさしてみて、何もついてこなければ焼き上がりです。

ちなみにオーブンは予熱をせずに、最初から入れてしまっても大丈夫です。

熱いうちはとても柔らかく扱いにくいので、粗熱が取れてから切り分けて完成です。

★このレシピのポイントと注意点

従来の厚焼き玉子は、コンロにずっと張り付いて巻き巻きしないといけませんでしたが、この作り方ならオーブンにお任せにできるのでとっても簡単です。

何回か作ってオーブンのクセさえ分かってしまえば、余熱の時間を計算してオーブンに入れるだけ。

後はゆっくりお風呂にでも入ってのんびりできます。

焼きあがってから1、2時間して取り出せば、

ミトンを使う必要さえないんです。

まさに手抜き料理!

★このレシピをアレンジ!!

しかもこの厚焼き玉子、従来なら巻くときにくずれてしまうので入れられなかったような具もたくさん入れることができます。

例えば、キャベツ、玉ねぎ、にんじんを塩コショウで炒め、ツナ缶と一緒に卵液に混ぜれば野菜たっぷりの厚焼き玉子ができちゃいます。

茹でたアスパラと軽く炒めた角切りベーコン、コロコロにきったプロセスチーズをだし汁の代わりに牛乳を入れた卵液に混ぜれば、キッシュ風の厚焼き玉子の完成です。

ホウレンソウとエビの組み合わせはなんといってもいろどりがきれいでおすすめですよ。

たくさんの厚焼き玉子を一気に作りたいとき、このレシピの力が最大限に発揮されますが、もちろんもっと少ない量を小さな耐熱皿で作ってもオッケーです。

ケーキ

その時、加熱しすぎると食感が悪くなるので温度と時間には注意してください。

不器用さんでも簡単に作ることのできる厚焼き玉子。

いろいろな味のバリエーションで遊んでみてくださいね。

“手抜き料理”おすすめ④「ひと手間はぶいたらもっと美味しい簡単コロッケ」

コロッケ

家庭料理の定番ともいえるコロッケですが、自分で作るのって工程が多くて結構大変だったりします。

とくに衣をつけるとき、自分の手が三本あればいいのに、なんて思ったことも。

でも手抜きをして簡単な作り方にしたらもっと美味しくなっちゃいました。

★用意する材料

準備する材料は通常のコロッケとだいたい同じです。

  •  ジャガイモ
  •  牛ひき肉
  •  玉ねぎ
  •  にんじん
  •  ニンニク
  •  冷凍コーン
  •  塩、コショウ
  •  固形コンソメ
  •  バター
  •  ナツメグ
  •  小麦粉
  •  卵
  •  パン粉

です。

★「ひと手間はぶいたらもっと美味しい簡単コロッケ」の作り方

まずジャガイモを茹でます。

ポテト

この時電子レンジを使うと早いのですが、コロッケの出来上がりをホックリさせるには鍋で茹で上げた方がいいようです。

茹でている間に、玉ねぎ、にんじん、ニンニクをみじん切りにし、フライパンで炒めます。

牛ひき肉を加えてさらによく炒め、塩コショウ、砕いた固形コンソメ、ナツメグで味をつけます。

ひき肉たまねぎ

この時お好みで醤油を加えても美味しいですよ。

パラパラに炒めることができたら、ステンレスのボールに入れ冷蔵庫に入れて冷まします。

ジャガイモが茹で上がったら粉吹きにして水分をとばします。

ざっくりつぶして熱いうちにバターを加え、全体が滑らかになるようにつぶします。

そこに凍ったままのコーンと冷蔵庫に入れておいた炒めたひき肉を加え、全体をよく混ぜ合わせます。

この時点でコロッケのタネの温度はかなり下がっているので、わざわざ冷まそうとしなくても大丈夫です。

こうした時短も手抜き料理のポイントです!

次に衣の準備をします。

卵を溶きほぐし、そこに小麦粉を入れよく混ぜます。

水も加えながら、スポンジケーキの生地と同じぐらいの固さになるように調整します。

それから、コロッケのタネを好みの大きさに丸めていきます。

丸め終わったら、卵と小麦粉合体型の生地をつけ、パン粉をまぶして油でカラリと揚げましょう。

これで簡単コロッケの出来上がりです。

コロッケ

★このレシピのポイント!

通常コロッケの衣は「小麦粉→卵→パン粉」もしくはサクッとさせるために「小麦粉→卵→小麦粉→卵→パン粉」の順番でつけていきます。

でもこの方法だとベタベタになった手を何度も洗いながら行う必要があるのですごくメンドーですよね?

そこで、コロッケのタネを丸める前に合体型生地を作っておいたことに気付いていただけたでしょうか?

このレシピのように合体型を使えば衣付けは2工程で終了です。

天ぷらを作る時には御法度なこの方法は、コロッケにはピッタリなんです。

少し時間を置くことで小麦粉のグルテンが強くなり、外側がサクサク中がホクホクのコロッケを簡単に作ることができます。

生地

目の粗いパン粉を使うとサクサクにはなっても、パン粉がたくさんの油を吸っているためくどくなることがありますが、この方法ならそんな心配もいりません。

簡単に作る工夫をしたらもっと美味しくなったなんて、まさに「美味しい」ですよね。

ぜひ試してみてくださいね。

“手抜き料理”おすすめ③「7分でできる!簡単蒸し魚」

蒸し魚

魚料理ってとっつきにくいと思っている方、結構大勢おられる気がします。

しかも丸ごと一匹なんて手に負えない、と思っていませんか?

でも魚って火の通りも早いし調理も簡単。

手抜きで蒸し魚を作って「料理のできる人」っぽくなっちゃいましょう。

★用意する材料

まず準備する材料が、

  •  白身の魚丸ごと一尾(20cmぐらいのもの)
  •  白ネギ
  •  ニンニク
  •  ショウガ
  •  醤油
  •  紹興酒
  •  油
  •  ごま油

です。

★「7分でできる!簡単蒸し魚」の作り方

鯛

まずは魚の下処理から始めます。はらわたとうろこをとったら水できれいに洗います。

でもこの作業が苦手な人も多いはず。

そんな時は魚屋さんにお願いしましょう。

普通のスーパーの魚売り場でも頼むとやってくれることが多いです。

下処理のすんだ魚を耐熱皿に入れます。

醤油と紹興酒をかけ、長ネギのぶつ切りを3つほどのせます。

ラップをかけて電子レンジに入れ、6分ぐらい加熱します。

その間に、ニンニク1つとショウガ1かけをみじん切りにします。

ちなみにニンニク1つとは1かけのことではなく、1つなのでご注意を。

それからたっぷりの白髪ねぎを作ります。

レンジができたらお皿を取り出し火の通りを確認します。

味見をするならこの時に。

問題ないようなら、みじん切りにしておいたニンニクとショウガをのせます。

ニンニクショウガ

そしてまた軽くラップをし1分加熱します。

フライパンに適量の油を入れ、煙が出るぐらいまでしっかりと熱します。

レンジができたら上にたっぷりの白髪ねぎをのせます。

そこにアツアツの油をジューッとかけ、ごま油を回しかければ簡単中華風蒸し魚の出来上がりです!

★このレシピのポイントと注意点

棚の奥の方に入っている蒸し器を取り出すのって面倒くさいですよね。

それに蒸し物って蒸しあがるまでに結構時間がかかるので大変です。

でも電子レンジを使えば簡単に蒸し魚が完成してしまうんです。

手抜き料理なのに手抜きに見えないばかりか、家庭料理のワンランク上を行く料理に見えるようで、周りから歓声が上がることも!

これはおすすめのレシピです。

★このレシピをアレンジ!!

しかもこの方法はいろいろな味に応用できます。

例えば、塩コショウ、レモン、白ワイン、オリーブオイルで作ればあっという間に地中海風蒸し魚に。

出来上がりにディルを飾ったらおしゃれですね。

塩コショウ、トマトピューレ、オレガノ、オリーブオイルならイタリアンに。

ナンプラーで味付けして、最近人気のパクチーを載せてもアジア風で美味しいですよ!

また、昆布、ゆず、白醤油なら本格和食になっちゃいます。

また白身の魚ならだいたいなんでもいいので、お財布事情に合わせて使う魚を変えられるのも便利です。

イシモチで十分美味しくいただけますし、タイを使えば豪華なおもてなし料理の完成です。

また、少量作りたいならタラなどの白身魚の切り身でもオッケーです。

その場合は加熱しすぎて魚が固くならないように気をつけてくださいね。

簡単なのでいろいろ試して自分のオリジナルの味ができたら楽しいですね。

蒸し魚

“手抜き料理”おすすめ②「巻かないけどちゃんとロールキャベツ」

ロールキャベツ

ロールキャベツって、家庭的な温かさを感じる食べ物だなって思います。

でもキャベツ選びに苦労します。

家にキャベツはあるのに、使いかけだから大きな葉がない、半分に切っちゃった…なんて時に、お店で丸ごと一個のキャベツを買うなんてイヤですよね。

キャベツ

そこで、巻かずに簡単だけどおしゃれなロールキャベツの作り方をご紹介します。

★用意する材料

材料は、

  •  キャベツ(丸ごとじゃなくて大丈夫です)
  •  豚ひき肉
  •  玉ねぎ
  •  コーン
  •  卵
  •  コンソメ
  •  塩、コショウ
  •  醤油
  •  片栗粉

です。

そしてテフロンなどのくっつかないフライパンを使うのがポイントです。

★「巻かないけどちゃんとロールキャベツ」の作り方

まず玉ねぎをみじん切りにし、電子レンジに2分かけます。

それから豚ひき肉と玉ねぎ、卵をよくこねて塩コショウで下味をつけます。

ひき肉

そこにコーンを加えておきます。

ちなみにこの時使うのが冷凍コーンなら、解凍しないでそのまま入れれば大丈夫です。

次に、キャベツを生のままフライパンに隙間なく敷きます。

芯はそぎ取るので、そぎ取ったものはスライスして一緒に敷いてしまうと無駄が出ません。

そこに、こねておいたひき肉の三分の一を広げ、またキャベツを敷きます。

三段重ねになるようにし、最後にキャベツで覆い半カップほどに水を入れて火にかけます。

弱火から中火でじっくり煮ます。

だいたい火が通ったらコンソメと塩コショウ、醤油で味をつけ、20分~30分煮ます。

キャベツからたくさんの水分が出ますが、足りないようなら水を足します。

フライパンに傷をつけないように注意しながら放射状にカットしお皿に盛りつけます。

フライパンに残った汁に片栗粉でとろみをつけ、キャベツの上からそっとかけて出来上がりです。

これで、「ミルフィーユ」との名前も付きそうな、巻かない手抜きロールキャベツが完成しました!

これならキャベツの葉っぱの大きさを気にすることもなく簡単に手抜きができちゃいます。

それに、通常なら茹でていたキャベツを生のまま使えるので、巻く手間も茹でる手間もなくまさに手抜きですよね。

★この手抜きレシピのメリットとは?

この料理はさらにおまけつきなんです。

事前にキャベツを茹でないから、栄養が逃げていくことがないんです!

そして一番時間がかかる「巻く」という作業まではぶいてしまいました。

巻く作業は、「料理してるぞ」という実感の湧く楽しい作業ではあるのですが、急ぐときには不向きですよね。

その点、この「巻かない」レシピならあっという間。

丸いフライパンで作ったものを放射線状に切り分けるので、ケーキのような、またはキッシュのようなお洒落な見栄えになります。

ロールキャベツ

手抜き料理には見えない立派な料理になりますよ!

★このレシピをアレンジ!!

さらにこれにはアレンジバージョンがあるんです。

煮ている時にカレー粉を入れるとカレー風味が楽しめます。

そして私が特におすすめなのがホワイトシチューのルーを入れること。

牛乳で作ったクリームとはまた違った味で、この巻かないロールキャベツによく合うんです。

簡単なのに、材料にも時間にも無駄の出ないこの手抜きだけどお洒落ロールキャベツ、ぜひ作ってみてくださいね。

“手抜き料理”おすすめ①「勝手に冷める簡単ポテトサラダ」

ポテトサラダ

ポテトサラダって子供からお年寄りまでみんな大好きな定番メニューですよね。

作るのも簡単なのであっという間にできてしまいます。

でもここに一つ落とし穴が。

完成!と思って食卓に並べても、温かかったりぬるかったりしたら、美味しさ半減です。

でも急いでいるときって、冷めるまで待っていられないもの。

そこで、冷まさなくても勝手に冷めてくれる材料を入れることで、スピーディーに作れるのです!

ここでは私の手抜き料理のおすすめ、「勝手に冷める簡単ポテトサラダ」の作り方をご紹介します!

★用意する材料

材料は、

  •  ジャガイモ
  •  玉ねぎ
  •  キュウリ
  •  ニンジン
  •  カニ風味かまぼこ
  •  冷凍枝豆

調味料は、

  •  マヨネーズ
  • すし酢
  •  塩
  •  コショウ
  •  固形コンソメ

です。

★「勝手に冷める簡単ポテトサラダ」の作り方

普通のポテトサラダなら、最初にジャガイモを茹でたくなるところですがここは我慢して、先に玉ねぎとキュウリをスライスします。

そこにそのまますし酢を入れ、冷蔵庫に入れます。

それからジャガイモを適当な大きさに切り、一度水で流して手抜き料理に欠かせない電子レンジにかけます。

一口大の乱切りなら7分ぐらいで火が通ります。

この7分の間にニンジンをスライスしレンジにかける準備をします。

冷凍枝豆はさや付きの物が多いので、ひたひたの水にさらして豆が出やすいようにしておきます。

7分って結構長くて、たくさん時間が余るので他の料理も並行して進めていきましょう。

ジャガイモに火が通ったらニンジンをレンジにかけますが、量が少ないので30秒ぐらいで足りると思います。

ジャガイモをつぶし、熱いうちにマヨネーズを入れてなじませます。

塩コショウ、固形のコンソメを砕いたもの少々を加えてよく混ぜたら、冷蔵庫で冷やしておいた玉ねぎとキュウリのスライスの酢漬けを加え、枝豆とカニ風味かまぼこも加えて混ぜ合わせます。

彩のニンジンを加え、味を調えて出来上がりです。

★このレシピのポイントと注意点

このポテトサラダ、作り方のいろいろなポイントが手抜きだらけで簡単なのに、友人にとのホームパーティーの時に出すと毎回完売する人気商品なのでおすすめです。

玉ねぎとキュウリを酢に漬けて使うことが美味しさの秘訣かなって思っていますが、私にとって一番楽なのは勝手に冷めてくれるところです。

冷凍の枝豆はこの目的のために入れるようになったものです。

枝豆

冷凍コーンだと加熱しないと食べられないので、冷ます、という目的では入れられませんでした。

それからカニ風味かまぼこですが、私は常に冷凍庫で保管しています。

かにかま

スーパーに陳列される前はずっと冷凍されているものだし、味も食感も問題ありません。

その凍ったカニ風味かまぼこを手でほぐしながら入れるので、これもポテトサラダの温度を下げてくれます。

でも本当に簡単に冷めていくので、注意点が一つ。

マヨネーズとコンソメは、必ずジャガイモが熱いうちに入れましょう。ほかの具を入れて冷めてしまってからだと、味がなじまず美味しくできません。

忙しい時に簡単に作れるこのレシピは本当に便利ですし、ホームパーティーなどでたくさんの料理を作る時に、冷蔵庫を占領せずに済むのは嬉しいです。

ぜひお試しください!

ポテトサラダ

買い物も、楽天で手抜き!

買い物も、実は面倒ですよね。面倒というより、でかける時間は無駄だし、荷物が重い。

この記事で紹介したようなジャガイモなんて、めちゃ重くないですか。きゅうりや人参もあわせ技で、もって帰るのが面倒です。

そこでおすすめの手抜き技が、楽天で購入。

重い野菜はもちろん、サラダ油、醤油、ペットボトルのジュース、お米…。楽天市場のショッピングは、何でもありです。

しかも単なる手抜きではなく、時間の節約、そして楽天ポイントが貯まるので、それでへそくりショッピング^^ 主婦には嬉しい事だらけです。

さらに、楽天カードで購入すればポイントがたくさんつきますよ。もちろん、年会費無料。

年会費なしの楽天カード!
http://www.xn--lck0cth599i0rknwh46tmo8d.xyz/

他のクレジットカードは、主婦は審査で嫌な思いをしますが、楽天カードは主婦でも申し込みできます。

詳しくは、上記のページを見てみてください!