“手抜き料理”おすすめ⑩「グリルを使わない焼き魚&スペアリブ」

リブ

魚焼きグリルを洗うのって面倒くさくないですか?

魚焼きグリルはあるけれど、あんまり使いたくない、と思っている人は結構多いと思います。

でもフライパンで魚を焼くと「焦げる」「ひっくり返せない」などのお悩みも耳にします。

私もそのような悩みにぶつかり、でも「焼き物が食べたい!」と思い、グリルを使わない方法をいろいろ試してみました。

結果、今では、魚焼きグリルがあってもフライパンで十分だと思うようになりました。

グリル

ちょっとしたコツで魚焼きグリルの悩みは解決してしまうかもしれません。

コツを覚えてグリル掃除の手を抜いてしまいましょう!

まずは基本のフライパンを使っての焼き魚の方法についてご紹介します。

★「グリルを使わない焼き魚」の作り方

グリルを使わないでも、フライパンで簡単にきれいに焼き魚を作るために、まずはクッキングシートを用意しましょう。

クッキングシートをフライパンにしき込みコンロの火を着けます。フライパンが十分に温まったところで魚を並べます。30秒ほどしたら弱めの中火にして蓋をし、3、4分焼きます。

片面が焼けたらひっくり返しますが、ここがポイントです。

フライパンの直径と同じぐらいのお皿を準備します。

フライパンをひっくり返し、クッキングシートごとお皿の上に開けます。

その後、ゆっくりとクッキングシートをめくっていくとクッキングシートと魚が簡単に剥がれます。

その後、そのクッキングシートをフライパンに戻し、魚を皿から滑らせるようにフライパンに移します。

蓋をしてまた3,4分ほどで焼き上がりです。

魚の大きさによって焼き上がりの時間は変わってくるので、様子を見ながら調整しましょう。

サーモン

★「グリルを使わないスペアリブ」の作り方

次に紹介するのがスペアリブの作り方です。

グリルを使わない手抜き料理なのに、パーティーの場がいっきに盛り上がるおすすめレシピです!

★用意する材料

材料は、

  •  スペアリブ
  •  リンゴ
  •  玉ねぎ
  •  醤油
  •  オイスターソース
  •  ケチャップ
  •  ハチミツ
  •  粒コショウ
  •  ニンニク

です。

リンゴと玉ねぎ、にんにくをすりおろし、すべての調味料と合わせます。

このタイミングで味を整え、良ければスペアリブをいれよく混ぜて冷蔵庫で30分ほどなじませます。

フライパンを熱し、スペアリブをフライパンに並べます。

肉の表面に火が通るようにひっくり返し、余ったタレを加え蓋をします。

中火にして6、7分焼き、裏返して3、4分焼きます。

火が通り、タレの水分が蒸発してきたら出来上がりです。

リブ

タレの水分がなかなか蒸発していかないようならフタを取り、強火にかけて調節します。

この料理は、もともとグリルで作るものなのですが、たくさんのタレを使い、そのタレがグリルの中で飛び散るためグリルは毎回ベタベタになっていました。

でもフライパンを使うことによって後片付けがとっても簡単になりました。

掃除が大変だから、という理由で料理をしなくなったら、それはとても寂しいことだと思います。

でも掃除しなければならない場所が増えると面倒くさいことも事実。

グリルを使わないこれらの方法で二つの問題を一気に解決しちゃいましょう!

“手抜き料理”おすすめ⑨「簡単!揚げないヘルシー揚げびたし」

茄子の輪切り

揚げびたしってご飯にもお酒にもよく合う優秀な子だと思うんです。

レンコンやオクラ、しし唐などいろんな野菜が使えますが、私はその中でもナスの揚げびたしは最高だと思います。

ですが、私が揚げ物を作る時にいつも気にすることは、使った後の油の処理です。

きれいな油なら、次の時までとっておくのですが、あんまり長い時間置いておくのも心配です。

料理の本にはよく「たっぷりの油で揚げましょう」と書いてありますが、家庭で作る場合は、なるべく少量の油で、もしくは油を余らさない方法で調理したいもの。

こんな事情の中で、もしも手抜きして、揚げずに揚げひたしが作れたらいいなーと考えてみました。

そうしたら簡単な二つの方法に行き着いたのでご紹介しますね。

簡単で美味しい「揚げない揚げびたし」のレシピです!

★用意する材料

材料は、和風なら、

  •  ナス
  •  ショウガ
  •  白ネギ
  •  麺つゆ
  •  とろろ昆布

中華風なら、

  •  ナス
  •  ショウガ
  •  ニンニク
  •  白ネギ
  •  豆板醬
  •  麺つゆ
  •  酢

です。

★「簡単!揚げないヘルシー揚げびたし(和風)」の作り方

始めに和風の作り方からです。ナスを2cmぐらいの輪切りにします。

茄子の輪切り

フライパンに多めの油を熱し、ナスを入れ蓋をして両面焼きつけます。

ナスが柔らかくとろっとするまでよく焼きます。

様子を見て必要なら油を足します。

焼きあがったら器にとり、とろろ昆布をのせ、味を調整した麺つゆをそっとかけます。

白髪ねぎとおろしショウガをのせたら完成です。

★「簡単!揚げないヘルシー揚げびたし(中華風)」の作り方

次は中華風の作り方です。

まずショウガ、ニンニク、白ネギをみじん切りにします。

麺つゆと酢にそれらすべてと豆板醬加えなじませます。

ナスを1cmぐらいの輪切りにし、多めの油でしっかり焼きます。

この場合は焼く、というより炒める、という感覚で大丈夫です。

ナスに火が通ったら熱いうちに漬け汁にひたし完成です。

和風のレシピは味がなじんでから温かい状態でいただくのがベストですが、中華風のレシピは、温かくても冷たくても美味しくいただけます。

ナスと同じように炒めた豚肉をプラスしても美味しいです。

★レンジでも作れる!

もう一つは電子レンジを使う方法です。

方法としては揚げるというより、蒸す方に近いのですが、油をたっぷり使うことで揚げびたしのようなコクを表現できます。

なす

この方法で和風の物を作ることもできますが、中華風の方が美味しいのでそちらだけ紹介します。

材料は先ほどのフライパンを使うときと同じです。

ナスのへたをとり、縦に三等分ぐらいの所で切り込みを入れます。

それを耐熱皿に並べラップをかけて、電子レンジで5分加熱します。

合わせておいた漬け汁をかけ、サラダ油を回しかけてさらに2分加熱します。

最後にごま油をたっぷり目に掛ければ完成です。

揚げ浸し

フライパンを使う方法も、電子レンジを使う方法も、油をたくさん使っているように感じますが、通常の揚げびたしより油の量がも格段に少量ですむのでとてもヘルシーなんです。

手抜き料理ですが簡単、美味しい、ヘルシーの三拍子がそろったら作らない手はないですよね。

揚げないのでコンロ回りも汚れず嬉しいことだらけです。

手軽に簡単にできるのでおすすめですよ。

“手抜き料理”おすすめ⑧「あっという間の簡単麻婆豆腐」

マーボー豆腐

急ぐときに材料を洗って刻むのって大変です。

忙しい時はなるべく千切りやみじん切りなどをしなくていいおかずをチョイスしますが、なかなかそうばかり言っていられない時もあります。

ここではご飯がすすむ麻婆豆腐が簡単にできる方法を紹介します。

★用意する材料

普通の麻婆豆腐の基本材料は、

  •  豆腐
  •  ひき肉
  •  白ネギ
  •  ニンニク
  •  ショウガ
  •  豆板醤
  •  醤油
  •  ごま油
  •  コショウ

と言ったところです。

忙しい時にとっても厄介なのが白ネギ、ニンニク、ショウガのみじん切りです。

それなら、もうそれはお店にやってもらいましょう。

そこでこの手抜き料理の材料は、

  •  豆腐
  •  餃子のタネ
  •  豆板醤
  •  醤油
  •  ごま油
  •  片栗粉

となります。

餃子のタネはだいたいどこのスーパーでもお肉売り場の隅っこの方にあります。

タネ

餃子の皮の近くに並べられていることが多いので、すぐに見つけられると思います。

このタネにはすでに白ネギやニンニクやショウガが入っているので、面倒くさいみじん切りをチマチマする必要がなく簡単です。

ニラやシイタケなど、他の具材が入っていても全く問題ありません(むしろおいしくなったりします)。

そのまま使います。

ちなみに、肉団子のタネを使ってみたこともありますが、中につなぎの小麦粉などが入っているので加熱時に固まってしまい、あまりうまくいきませんでした。

ここはやっぱり餃子のタネがおすすめです。

★「あっという間の簡単麻婆豆腐」の作り方

作り方は普通の麻婆豆腐と大差ありませんが、豆腐の水抜きは簡単レシピの定番、電子レンジを使います。

まず初めに豆腐を耐熱皿に置き、上からも重しとなるように耐熱皿をかぶせ5分加熱します。

そのあと取り出したらそのまま放置して水が抜けるのを待ちます。

豆腐

それから油をなじませたフライパンに豆板醤を入れて炒め、辛さと香りを引きだします。

次に餃子のタネを入れ、パラパラになるようによく炒めます。

醤油とコショウで味をつけ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

水抜きした豆腐を切りながら加え、崩さないように混ぜ合わせ、味を整えて火を止めます。

ごま油を回しかければ出来上がりです。

マーボー豆腐

麻婆豆腐に山椒をたっぷり入れると、いっきに本格中華の味になりますが、山椒の痺れる感じの辛さが苦手な人も多いのでお好みで。

このレシピはすっかりお店に頼ってしまったのですが、それでもやっぱりレトルトとは味、も見た目も全く違います。

手抜き料理とは言っても、やっぱり手作りの味は残したいですよね!

この餃子のタネですが、すでにしっかり練られているものが多いので、肉団子スープを作る時にも便利です。

★このレシピをアレンジ!

こねずにそのまま丸くしてスープに落としていきましょう。

冷蔵庫から出したばかりのひき肉をこねるのって、冷たくて死にそうなことがありますが、これならそんな苦労もいらず簡単です。

餃子のタネ、という固定観念にとらわれず、「具材と香辛料の入ったひき肉」として考えると、アイディアの幅が広がるかもしれませんね!

“手抜き料理”おすすめ⑦「簡単ホワイトソース」

ホワイトソース

ホワイトソースって見た目が華やかだし、手の込んだ料理に見えますよね。

実際、小麦粉を炒めるところから手作りするとわりと時間がかかります。

でもだからと言って缶詰を使うと、手作りの温かい味は出ません。

もっと簡単にホワイトソースが手作りできたら便利ですよね。

ここでは、教科書にのっている方法とはまるで違う、手抜き料理バージョンホワイトソースの作り方を紹介します。

少量だけ作りたいときにも便利な方法ですよ。

★用意する材料

基本の材料は、

  •  スープストック
  •  小麦粉
  •  牛乳
  •  バター
  •  塩、コショウ
  •  水

です。スープストック、と言いましたが、水分があればいいわけなので、もうすでに具の入っているスープでも大丈夫です。

★「簡単ホワイトソース」の作り方

ボールに水を入れそこに小麦粉を振りかけます。

粉

全体を混ぜ合わせ小麦粉を水でふやかします。

小麦粉が多すぎないようにシャビシャビの状態にします。

80度ぐらいに熱したスープストックに、小麦粉と水を合わせたものを入れますが、この時、目の細かいザルかこし器で濾しながら流し込みます。

こし器を使わないと、小麦粉がダマになって出来上がりの食感が悪いので、ここでの手抜きは禁止です。

スープストックと小麦粉の液が混ざったら火をつけ加熱していきます。

片栗粉を加熱していく時と同じように、急にとろみが出てくるので、それまでは手を休めずに混ぜ続けます。

とろみが出たら、小麦粉にきちんと火が通った証拠なのでオッケーです。

あとは牛乳、バター、塩コショウなどで好みの味にして完成です。

ホワイトソース

★このレシピのメリット

家庭科の先生からは怒られそうな方法ですが、この方法に慣れてしまうと従来の方法がますますおっくうに思えてしまいます。

あれって腕がけっこう疲れますよね。

この方法だと、ほんの少しの量を作りたいときにも簡単にホワイトソースができます。

それに、「小麦粉が焦げないように!」「牛乳は少しずつ入れないとダマになる!」といったプレッシャーからも解放されます。

なーんにも考えたり急いだりしなくても、超簡単にお手製ホワイトソースができるなんていいですよね。

★このレシピをアレンジ!

入れたい具があるなら、ホワイトソースの完成後に入れても大丈夫です。

アスパラやエビ、アサリやベーコンなどホワイトソースはいろいろな材料ととても相性がいいので、このレシピはいろいろな場面で活躍してくれるおすすめレシピです。

海老

ちなみにこれ、冷凍できます。

多めに作って冷凍しておけば、忙しい時にレンジでチンしてすぐ食べられます。

子供にはもちろん若い男性にも間違いなくウケるので、知っておいて損はない使えるレシピですよ。