“手抜き料理”おすすめ⑧「あっという間の簡単麻婆豆腐」

マーボー豆腐

急ぐときに材料を洗って刻むのって大変です。

忙しい時はなるべく千切りやみじん切りなどをしなくていいおかずをチョイスしますが、なかなかそうばかり言っていられない時もあります。

ここではご飯がすすむ麻婆豆腐が簡単にできる方法を紹介します。

★用意する材料

普通の麻婆豆腐の基本材料は、

  •  豆腐
  •  ひき肉
  •  白ネギ
  •  ニンニク
  •  ショウガ
  •  豆板醤
  •  醤油
  •  ごま油
  •  コショウ

と言ったところです。

忙しい時にとっても厄介なのが白ネギ、ニンニク、ショウガのみじん切りです。

それなら、もうそれはお店にやってもらいましょう。

そこでこの手抜き料理の材料は、

  •  豆腐
  •  餃子のタネ
  •  豆板醤
  •  醤油
  •  ごま油
  •  片栗粉

となります。

餃子のタネはだいたいどこのスーパーでもお肉売り場の隅っこの方にあります。

タネ

餃子の皮の近くに並べられていることが多いので、すぐに見つけられると思います。

このタネにはすでに白ネギやニンニクやショウガが入っているので、面倒くさいみじん切りをチマチマする必要がなく簡単です。

ニラやシイタケなど、他の具材が入っていても全く問題ありません(むしろおいしくなったりします)。

そのまま使います。

ちなみに、肉団子のタネを使ってみたこともありますが、中につなぎの小麦粉などが入っているので加熱時に固まってしまい、あまりうまくいきませんでした。

ここはやっぱり餃子のタネがおすすめです。

★「あっという間の簡単麻婆豆腐」の作り方

作り方は普通の麻婆豆腐と大差ありませんが、豆腐の水抜きは簡単レシピの定番、電子レンジを使います。

まず初めに豆腐を耐熱皿に置き、上からも重しとなるように耐熱皿をかぶせ5分加熱します。

そのあと取り出したらそのまま放置して水が抜けるのを待ちます。

豆腐

それから油をなじませたフライパンに豆板醤を入れて炒め、辛さと香りを引きだします。

次に餃子のタネを入れ、パラパラになるようによく炒めます。

醤油とコショウで味をつけ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

水抜きした豆腐を切りながら加え、崩さないように混ぜ合わせ、味を整えて火を止めます。

ごま油を回しかければ出来上がりです。

マーボー豆腐

麻婆豆腐に山椒をたっぷり入れると、いっきに本格中華の味になりますが、山椒の痺れる感じの辛さが苦手な人も多いのでお好みで。

このレシピはすっかりお店に頼ってしまったのですが、それでもやっぱりレトルトとは味、も見た目も全く違います。

手抜き料理とは言っても、やっぱり手作りの味は残したいですよね!

この餃子のタネですが、すでにしっかり練られているものが多いので、肉団子スープを作る時にも便利です。

★このレシピをアレンジ!

こねずにそのまま丸くしてスープに落としていきましょう。

冷蔵庫から出したばかりのひき肉をこねるのって、冷たくて死にそうなことがありますが、これならそんな苦労もいらず簡単です。

餃子のタネ、という固定観念にとらわれず、「具材と香辛料の入ったひき肉」として考えると、アイディアの幅が広がるかもしれませんね!